加藤幹保(かとうみきやす)

1988年、栃木県で長女として誕生。

幼い頃から性別違和に悩まされてきました。
幼いながらに、「自分はみんなと違う」と感じていました。

また、「なんで自分は女の子の体なんだろう?」「いつになったら男の子の体になるんだろう?」と本気で思っていました。

そんな性の悩みを誰にも打ち明けることができないまま22歳を迎えました。
大学生卒業が間近になり社会に出る時期が近くなるにつれ、悩みはますます深くなっていきました。

社会には男として出たい!と決心するものの治療を始めることができず
女性として社会に出ることを避け大学院に進学しました。

しかし、女性として生きて行くことに限界を迎え心身ともに疲れ果ててしまい
カウンセリングを受け23歳で性同一性障害と診断され治療を開始しました。

ホルモン治療の効果が少し現れ、声は低いけど外見は女性的な時期に就職活動に
挑んだので就職は難航しました。

半年間の就活の末、治療費を稼ぐためと女性として就職。
1年半働いた後に外見も男性と認識されるようになったので
転職活動では男性として働きたいという想いを真剣に訴え続けた結果
男性社員として雇用していただきました。

しかし、男性として生活が送れるようになっても
会社でカミングアウトしていない私は、自分らしさを出せずにいました。
今度は「女だとバレたらどうしよう・・・」という考えが頭を占領していきました。

性別違和を乗り越える過程で得た経験が私の1番の強みであるにも関わらず
強みを押し殺しながら生活している自分に気づいたのです。

そんな想いからLGBT講師としての活動をスタートさせました。
当時、栃木県でLGBTQについて情報発信してる人が少なかったのもあり
新聞やTVで取り上げられたので、当時の職場の方にも認知されるようになりました。

この頃から社内でもLGBTQ研修やLGBTQ相談窓口の設置が進み、机上の空論だった施策が現実となったようでした。
社内の人たちの理解も深まっていったので、安心してタイに渡り性別適合手術を受け戸籍上も男性となりました。

ようやく本当の自分になることができ、仕事のパフォーマンスも格段に向上しました。

現在は学歴、資格、経験、性別、国籍などバックグラウンドを一切問わない職場環境作りを目指し、会社経営やLGBTQ研修に携わっております。

主な講演ジャンル

主な講演テーマ

講演依頼の申込フォーム