吉田卓司(よしだたかし)

【所属】

・藍野大学 医療保健学部 准教授

・高槻市教育委員会 スクールソーシャルワーク事業スーパーバイザー

【講師紹介】

・関西学院大学法学部卒・同大学院法学研究科博士課程前期課程修了、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。

・兵庫県下の公立高校教諭(地歴・公民科)、大阪大学等の非常勤講師を経て、現職。主な担当科目は生徒指導論、教育社会学等の教職教育科目。

・研究分野は教育福祉法制論。2011年からは高槻市等においてスクールソーシャルワークに関わっている。

・NHK等のテレビやラジオ番組、新聞・雑誌の取材・コメント掲載など、マスコミへの出演経験もある。

【主な著作】

『生徒指導法を学ぶ』(単著)、『生徒指導法の実践研究会』(単著)、『教育方法原論』(単著)、『教育実践基礎論』(単著)、『総合的な学習/探究の時間の実践研究』(共編著)

その他、共著・共訳書として『子ども虐待と向き合う』(共編著)、『ソーシャルキャピタルを生かした社会的孤立の支援』(共著)、『学校の中の事件と犯罪』1-3巻(共著)、学校事故法律実務研究会『学校事故の法律実務』1-4巻(共著)、アメリカ自由人権協会『生徒の権利』(訳)など

主な講演ジャンル

主な講演テーマ

講演依頼の申込フォーム